« 山口「ユニットバスシンドロームDVD発売日は今日です」 | トップページ | 山口「諌山幸治さんのお芝居」 »

2006年5月17日 (水)

山口「僕に本をススメてくれた岡本さん」

「成仏するとかしないとかいうのは生きている人間が決めること、つまりきみや僕が決めることなんだ」
京極夏彦著「姑獲鳥の夏」の中での京極堂の台詞だ。今日、やっと読み終わった。
確かにそうかもしれない。ユニットバスシンドロームの中に出て来る幽霊は成仏できていない訳だが、それは生きている僕や主人公や、幽霊の家族が決めることなのかも知れない。

京極作品を読んだのはこれが2作目。1作目は「魍魎の箱」を読んだ。
昨年のユニットバスシンドローム公開時、アンケートに感想を書いて頂いていたが、その中で、感想をお手紙を郵送してくれた人がいた。ワークショップ時代に知り合った岡本さんだ。その岡本さんが手紙の結びに僕にススメてくれた本が、「魍魎の箱」だった。
とても面白かったので、今度は僕からのオススメ。

DVDが発売したので、岡本さんにはもう一度ユニットバスシンドロームを観ることをオススメします。
ツタヤとかではレンタルもあるみたいですよ、岡本さん。お手紙待ってます。

|

« 山口「ユニットバスシンドロームDVD発売日は今日です」 | トップページ | 山口「諌山幸治さんのお芝居」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115212/10107199

この記事へのトラックバック一覧です: 山口「僕に本をススメてくれた岡本さん」:

« 山口「ユニットバスシンドロームDVD発売日は今日です」 | トップページ | 山口「諌山幸治さんのお芝居」 »