« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月17日 (水)

山口「僕に本をススメてくれた岡本さん」

「成仏するとかしないとかいうのは生きている人間が決めること、つまりきみや僕が決めることなんだ」
京極夏彦著「姑獲鳥の夏」の中での京極堂の台詞だ。今日、やっと読み終わった。
確かにそうかもしれない。ユニットバスシンドロームの中に出て来る幽霊は成仏できていない訳だが、それは生きている僕や主人公や、幽霊の家族が決めることなのかも知れない。

京極作品を読んだのはこれが2作目。1作目は「魍魎の箱」を読んだ。
昨年のユニットバスシンドローム公開時、アンケートに感想を書いて頂いていたが、その中で、感想をお手紙を郵送してくれた人がいた。ワークショップ時代に知り合った岡本さんだ。その岡本さんが手紙の結びに僕にススメてくれた本が、「魍魎の箱」だった。
とても面白かったので、今度は僕からのオススメ。

DVDが発売したので、岡本さんにはもう一度ユニットバスシンドロームを観ることをオススメします。
ツタヤとかではレンタルもあるみたいですよ、岡本さん。お手紙待ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

山口「ユニットバスシンドロームDVD発売日は今日です」

いよいよDVD発売日になりました。
発売日だというのに、プロデューサー平林氏が日記を書きませんが、御心配なく。死んではいません…ただ、死んだ魚のような目をしてはいると思われます。彼は生活の環境が変わったのです。
いろんなモノを学び、吸収していることでしょう…そう、乾いたスポンジのようにたっぷりと水分を吸収します。
平林はカラッカラのスポンジなのです。いや、彼だけではありません。何を隠そう、僕もスポンジです。平林に負けず劣らずのカラッカラでございます。現在、水分を吸収しているところです。

3年前、平林スポンジと山口スポンジは映画を作ろうと言い出しました。その時含んでいた水分を、全て出し切るよう、お互いがお互いをしぼります。ギューっと、イタイイタイイタイっ!!と、なりつつも、まだ出るよ!と、いやいやお前の方が出るよ!!と、水分をこれでもかと、しぼり出しました。

しかし、それだけでは水分が足りませんでした。
そこに多田スポンジ、森元スポンジ、スポンジ中澤等のスタッフスポンジ達が現れて、惜しみなく水分をしぼってくれました。

しかし、それでもまだ水分が足りません。
すると今度は、山中スポンジや勝俣スポンジ子、スポン諌山等のキャストスポンジが現れて、たくさんの水分をしぼってくれました。
その水分で映画の種を育てました。スポンジみんなのおかげで芽が出て、膨らんで、育ったのが、この映画です。スポンジ映画です。

その後、植木鉢で育ったこのスポンジ映画は、シネマアートン下北沢という花壇に植えてもらえ、そこでカッキースポンジ、中村スポンジ、スポンジ悠水の宣伝スポンジの水分で、さらに大きくなりました。

どんな花が咲いたのかは分かりませんが、とにかく、映画の種を育ててくれたスポンジ達に感謝。また水分をたっぷりと含んでお会いしましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

山口「もうすぐ発売!ユニットバスシンドロームDVD」

あと数日で発売されます、「ユニットバスシンドローム」DVD。
我がHPからも、発売日の5/12から購入できるようになりますので、「ウチの近くにはどこ探したってそんなDVD置いてないよう!」っていう方、是非ご利用ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

山口「山中崇さんが舞台に出ます」

田舎から出て来た僕が初めて観た舞台は、「bird's-eye view」という劇団で、山中崇さん、諌山幸治さん、小野ゆたかさんとユニットバスに出演してくれた3人が出演していました。「お芝居」というか、「ショー」な感じで「東京は自由だなぁ」と、その後何度も観に行きました。
初めて観た舞台があれで良かった。

以下の舞台も観に行きたいと思ってます。
先日、山中さんに、お会いできたときにチラシを頂いていたので、勝手に告知してますが。

<ユニットバスシンドローム主演の山中崇さんが、舞台に出演されます。>
シリーズ「われわれは、どこへいくのか」③
『やわらかい服を着て』
作・演出 永井愛
新国立劇場 小劇場 THE PIT
5月22日(月)〜6月11日(日)

チケット前売り発売4/15〜
問い合わせ 新国立劇場ボックスオフィス
03-5352-9999 http://www.nntt.jac.go.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

山口「ユニットバスシンドロームDVDサンプルができました」

今月12日に発売する、ユニットバスシンドロームDVDのサンプルが出来上がりました。

思えば、作るからには一人でも多くの人に観てもらおうと、平林Pが奔走し、シネマアートン下北沢にて2週間レイトショーを獲得してくれたのを皮切りに、アンコール上映を1週間させて頂き、そして、今回さらに多くの人に観てもらおうと、DVDが発売になります。

きれいにパッケージされた、たくさんのサンプルDVDを目の当たりにして、「お前も立派になったもんだ」とちょっとした親父の気持ちであります。もう、こいつにしてあげられることはありません。あとは勝手に育つでしょう。好きに生きなさい。ただ、他人様に迷惑をかける事だけは、してはいけませんよ。そして、たまには顔を出しなさい。
こっちも元気にやります。

追伸。誰も買ってくれなかったり、誰も観てくれなかったりして、つらかったらいつでも帰って来なさい。
Dvd_3

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »