« 2006年1月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

山口「引越し日和」

僕が茨城から上京して来た日は、晴れていた。上京といっても初めての一人暮らしは埼玉で、田舎者の僕にはちょうどいい都会具合だった。
一人暮らしに必要な電化製品の類いは田舎で購入し、白いハイエースで運んで持って来た。父と母が手伝ってくれた。赤いマウンテンバイクが気に入っていた。
住んだのはなんと5階建ての水色のマンションで、エレベーター付き。といっても僕が住んだのは一階でエレベーターに乗ったことはない。家賃は38000円。「ロマーヌ熊谷」か「マローヌ熊谷」だったかそんな名前で、人に住所を言うのがなんか嫌だった。
エアコン完備ではなく、クーラー完備だった。冬は石油ストーブで暖をとり、ガソリンスタンドから重いポリタンクを赤いマウンテンバイクに無理矢理乗せて運んだ。隣の部屋のブザーが激しく鳴ったと思ったら、ベランダから誰かが逃げ出した。部屋のすぐ前の道で交通事故が起こり、野次馬が集まっているのを、僕はドアの覗き穴から見ていた。真新しい家具に囲まれていたが、テーブルだけなくてしばらくはダンボールの上でご飯を食べた。あえて、そんなありがちな一人暮らしをして、楽しかった。別に寂しくはなかった。

その後何度か引っ越したが、寂しい引っ越しは一度だけある。
訳あって静岡へ。市内四番町のアパートの2階の角。アパートの名前は忘れてしまった。当時、時間がなくて、引っ越し先の部屋を実際に見ずに決めた。変な部屋だった。入ると、玄関-キッチン-トイレ-六畳部屋-風呂。一番奥に風呂があり、脱衣所的なものはなく、畳からダイレクトに風呂に入れた。
引越屋の到着時間がかなり遅れ、何もない部屋で荷物を待つ間、涙が出た。
引越屋が遅れるほどに、遠くへ来たんだと思った。関東地方ではない事、新幹線で来た事、静岡が以外と都会だった事、変な部屋だった事が悲しかった。
そして、極めつけは雨漏り。
すぐに、大家に電話した。大家はすぐに来てくれたが「今日は直せないから我慢してくれ」と言った。大家が帰った後、また涙が出た。
引越屋が到着したとき、泣いた事がばれないようにするのが大変だった。
いい大人が引越先で泣いている。「引越元」で泣くならともかく、「引越先」で泣くのはいかがなものか。そんな引越ならしない方がいい。そんなスタートなら切らないでいい。
引越しするなら、晴々とした天気と気持ちの時にするのがいい。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

山口「シネマアートン下北沢」

先日、下北沢にある映画館「シネマアートン下北沢」に行きました。小さな映画館ですが、とても素敵な映画館です。
何が素敵かというと、
まずは、ショートカットの受付の女子が笑顔で迎えてくれます。
そして、上映開始時間を少し過ぎてしまっていても、ベリーショートの男子がやさしく扉を開けてくれます。
そして、喫茶コーナーではショートカットの似合う女子が、いい感じで和ませてくれます。
さらに、晴れた日にはテラスでまったりとできますし、スタンプサービスで五回利用して5スタンプになると、1回無料で観る事ができますし、他では中々お目にかかれない映画が観れますし…。
僕はその日「ガラスの使徒」を観ました。
なんともいろんな要素の入った不思議な映画でした。映画は不思議です。
「ぶらっと寄れる町の映画館 シネマアートン下北沢」にまた遊びに行きたいと思います。ぶらっと行きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

平林「史上初40度発熱!」

前回の日記で、しょぼくれた自分の弱気にさよならして、さあがんばろうと心に誓った次の瞬間にぶっ倒れた。そして一週間。完璧なまでに寝込んでしまった。40度近い高熱がまったく下がらない。なんなんでしょう、私。遠くなる意識の中、面白すぎる展開に、もはや笑うしかなかった。当然、予定はすべてキャンセル。関係者の皆さん、すいませんっ!

土曜日になんとか社会復帰。パナソニックにて、毎週土曜日やっていた自主映画セミナーもついに最終回。キンパチ先生気分でやってきたので、最後は涙ながらに卒業証書を生徒に渡す展開を期待したが、普通に終わった。やはり人前で、というのはものすごく緊張したが、大のおしゃべり好きなので、話し始めると気付いたときには時間オーバーするくらいで、意外に楽しかった。とはいえ、狙っていたギャグをことごとくはずしたのは、かなり悔やまれる。次回チャンスがあれば、そこらへんを修復したいところだ。

夜はその足で、作曲家・侘美秀俊 率いるオーケストラのカッセ・レゾナントの年に一度の単独ライブへ。出会ってから三年間は映像とコラボレーションすることも多く、制作面はぼくがやっていたので、初めて一般のお客さんとして観ることになる。なにより侘美さんの才能に惚れ込んでいる一番のファンだと自負していたので、体調不良ではあったが、実に楽しみにしていたのだ。で、気付いたのだが、いつも他の仕事に追われていて、『本番中に』演奏を聴くのは初めてだったのだ。

といっている間に一週間ぶりの外出はあっという間に終わってしまった。帰宅したらいきなりお腹がグーグーなりだした。そうだった。この一週間、口にしたのは、ポカリスエットとゼリーと薬のみ。体に入れたのは、点滴と座薬のみだった。夜も遅かったが回復してきたサインと受け取って、とりあえず、ご飯二杯をもりもり食べました。まあ、お腹がびっくりしちゃったから、正露丸のお世話にはなりましたけどね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年3月24日 (金)

山口「もうすぐDVD」

映画「ユニットバスシンドローム」のDVD化が決まってから、いろいろな準備があったが全行程が終了し、ようやく後は完成品を待つのみになった。今までやってきた全てがやっと形になる。
先日、確認のために完成品の簡易版が届いた。
本編と特典をチェックする。
その中の、「出演者とスタッフによる音声解説」は平林Pの強い希望で、録音されたものだ。主演の山中崇さん、勝俣幸子さん、諌山幸治さん、平林Pと僕の5人で本編を見ながら話す。
なんとも不思議な行為だったが、思ったより面白かった。録音したときは、「これで大丈夫なのか」と心配だったが面白かった。
結構、しゃべってたんだなと思う。録音していたときには全く気づかなかったが、山中君はいい感じで話を展開させてくれ、撮影裏話なんかもしていたし、勝俣さんは初めはおとなしかったものの、慣れて来るといろんなことを褒めてくれていた。諌山君は自分の演技を反省し、僕は自分の演出を反省した。平林Pは好き勝手に話していた。
特典は他に
短編「きれいにするとこからはじめよう。」山中崇主演、16分
短編「はなうた」勝俣幸子主演、3分
の2本。
形になったものに、さらに特典を加え、良い形になったと思います。
みんなに感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

山口が「2歳の女の子に言われたこと」

映画「エリン・ブロコビッチ」の中で、一番下の女の子が初めてしゃべった言葉は、「ボール」。多分、上の子達がボールで遊んでいたのでしょう。
東野幸治の娘が初めてしゃべった言葉は「シル」だそうだ。「汁」のことらしく、お味噌汁かなんかを飲みたかったのかもしれません。
僕には2歳の女の子の友達がいるが、その子が初めてしゃべった言葉は「ないね」だ。その子の親達も僕の友達だが、いつも「ないね」と言ってるのだろう。確かに、彼らに無いものは多い。

その2歳の彼女に言われた言葉がある。
遊んでる途中、近づいて来た彼女は、至近距離でまじまじと僕の顔を見て「さとしくん、変わった目してるね」と言った。「変な目」ではなく、「変わった目」とオブラートに包んで。
今朝は朝から、その子の親から電話が来た。朝から勝手な用件を僕に押し付けた後、2歳の彼女が電話に出た。そして「さとしくん、おしごとがんばってね」と言った。「仕事」ではなく、「おしごと」と丁寧語で彼女は言った。
その日の通勤電車では、僕が降りようとしているのに、無理矢理乗ってくるヤツがいても、別に腹が立たなかった。なぜなら「変わった目をしたさとしくんは、おしごとをがんばろう」と思ったからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

平林「3か月ぶりのブログ」

おひさしぶりです。年明けから2ヶ月ほど「嫌われ松子の一生」という映画の仕事で、忙しくしておりまして、ブログをサボっていました。とはいえ、じゃあ残りの一ヶ月はどうなんだといわれますと、気分が乗らなかったというのが正直なところでしょうか。いろんな意味で人生の岐路の一つに立たされておりまして、わかりやすいほど狼狽しておるのです。全く地に足がついておりません!というわけで、この三ヶ月のことは全く書かないことにします。思い返すといろいろありすぎて、原稿用紙800枚ほどになっちゃうから。でもそんなとき映画や音楽でちょっとはげまされたりしたので、それを紹介します。

まずは音楽。友人の北田さんが、えらいプッシュする女性シンガーがいるもんだからお茶の水のライブハウスへいきました。「マツクラとヌール」というシンガー&ギターの二人組。そのマツクラさんという女性の声をワンフレーズ聴いた瞬間に震えました。ああ、この人すごい。その表現たるや、矢野顕子を超えています。また彼女の作った曲もすこぶるいい。「来週は吉祥寺のダーチャという喫茶店でライブします。」んっ?ダーチャ?そうです、このページでも紹介した「ユニットバスシンドロームのチラシをまだ公に配っていないときに、なぜかおかれていたので調査しにいった謎の喫茶店」です。運命だ・・・。そう感じた私は彼女を追いかけていこうと決意しました。

そして映画。数ヶ月ぶりにいった映画は「THE有頂天ホテル」「ALWAYS三丁目の夕日」「蝉しぐれ」とどれも評判が高くてヒットした作品ばかり。今のぼくにはドンピシャでしたね。楽しくて感動して。どの作品もまわりのお客さんが楽しんでいる雰囲気をビンビン感じて。完全に自分が岐路に立たされているなんて忘れてました。ああ、そうだった映画ってそういう力があるんだよなあ。そんな当たり前のことに気付いたりしてたのです。さあ前に進まなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

山口「声のちから」

メールで連絡というのが当たり前になった最近、あまり友人の声を聞かなくなったと思う。メールも便利でいいのだが、メールだとわからないことがある。その人がどれくらいそう思って、そうメールしてくるのかわからない。
「ではまた。今度は飲みましょう」
とメールされると、どれぐらい飲みに行きたいのかわからない。電話でそう言ってくれると、何となくわかる。本当にいきたいのか、そうじゃないのか。なんでいきたいのか、悩みでもあるのか。何となくわかることがある。

その昔、ポケベルがあった。まだ携帯電話がない時代。僕は、当時仲のよかった彼女に「すき」と何度か送ったことがある。受話器をあげ、番号をダイヤルし、「3322」と打つと彼女には「すき」と届く。それがどれくらい伝わっていたのかはわからないが、声が聞けない時代、そんなことをしていた。

先日、高校の時のサッカー部の友達から電話があったらしく、着信が入っていた。同時に留守電にメッセージが入っていた。なんだかうれしかった。
その友達はサッカー部のキャプテンで、筋肉質の男だ。僕はそういう趣味は無いのだが、その留守電メッセージを不覚にも二度も聞いてしまった。一度で内容は完璧に理解できる内容なのだが、もう一度聞いてしまったのだ。
「えー映画のDVDの件はどうなっているのでしょうかー」
名古屋にいる筋肉男は、前から映画のDVDを送ってくれとメールしてくれていたのだが、発売前ということもあり、対応できず後回しにしていた。
嬉しかったのは僕の映画を本当に見たいと思ってくれていることがわかったことと、その短い留守電メッセージの合間におこる、筋肉マンのふざけた笑い声で、彼の状況がなんとなくわかったことだ。嫁さんとはうまくいっているんだろう。仕事変えるかもと言っていたが、うまくいってそうだな。生まれた二人目の子供も元気に育っているんだろう。そう思うと、もう一度、筋肉男の声を聞いてしまうのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

山口が最近思うこと「今を生きる」

中学の時、もじゃもじゃ頭の国語の大貫先生はこう言っていた。
「お前がやらずに誰がやる。今やらずにいつやるのだ。」
何かをさぼってる人がいると、この台詞を言いながら、おもむろに通り過ぎる。卒業文集で、何故か座右の銘を書かなくてはいけないことがあり、特に座右の銘を持たない僕はこれを書いた。

テレビドラマでやっていた「僕の生きる道」。ドラマは見てなかったのだが、文庫本を読んだ人が感動した箇所はここだと教えてくれた。
「本の持ち主が今度読もうと思いつつ、一年が経ちました(中略)…あと一年しかないと思って何もしない人は五年あっても十年あっても何もしないと思います」

僕が唯一持っている漫画「ゴリラーマン」全19巻。何故か僕はこれが好きで、何度も読んだ。
この先、生きていても退屈なだけだと嘆く不良高校生に、泉谷しげる似のラーメン屋のオヤジはこう言う。
「バラのつぼみは早く摘め、時は過ぎゆく、今日咲き誇る花も明日は枯れる、今を生きるだ。」

実家にいる頃、何かをする時に「どうすっかなー」と言うのが、僕の癖だったときがある。そんな時、母はこう言っていた。
「あんた、どうすっかなーばっかり言ってないで、先やっちゃえばいいじゃないの。どうせやるんだから」
晩ご飯後、すぐにイチゴやらはっさくとかを出し、ゆっくりする母に父はこう言う。
「お母さん、先に洗い物とかしちゃえば。それからゆっくりすればいいじゃないのよ」すると、「えー、後でやろうとしてんのに」と母。「あーそうなの」と父。

今を生きるのは難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

山口「毛の生えたタラバガニ」

ユニットバスの公開時のチラシ、ポスターなどに続き、今回のDVDのジャケットなど印刷関係でお世話になっている市川氏は、ちょっとしたグルメだ。最近結婚した彼の結婚式はイタリアンな食事で、新郎自ら「アルバ産白トリュフのリゾット 金時芋のクロカンテ添え」を取り分けるほどだ。前菜に「天然カンパチと“ひしのしずく”のカルパッチョ」をチョイスするグルメ男だ。
そんな彼に笑われたことがある。

ある仕事中、休憩室で観ていたグルメTVにカニが出て来た。グルメ男はすかさずこう聞く「山口君、カニ好き?」僕はまあまあ好きだと答える。グルメ男はタラバガニと毛ガニのおいしさの違いを語っている。

TVにはタラバガニと毛ガニが登場。
僕は前から気になっていたことを聞く「あのー、タラバガニの毛ガニって居ないんですかね?」
「えっ?」とグルメ男。「だから、毛の生えたタラバガニっていないんですか?」
グルメ男は大笑い。

何でも タラバガニは蟹のかなでもひときは大きく、殻がごつごつして突起があり、足が8本でハサミをのぞき3対6本であることから実は蟹科ではなく ヤドカリ科に属しているそうで。 ちなみに蟹科は足が10本で、ハサミをのぞいて4対8本何だそうです。
日本海から北太平洋にかけてのたらの漁場と重なるので、「たら」の「漁場」でとれる「蟹」ということで、「鱈場蟹」と 名付けられたといいます。 種類には「本タラバ蟹」と「油たらば蟹」があり、見た目の違いは、「油たらば蟹」は甲羅が本たらばより丸みをおびていて オレンジがかっているとのこと。

「毛の生えたタラバガニ」は本当に居ないのだろうか?
僕は未だに居ると信じている。そしたらグルメ男に食べさせてあげるのだ。彼は大笑いしながら食べることだろう。
そして結婚おめでとう。「寒ブリのクロスタ包み 静岡産“アメーラ”のマリネ」もおいしかったよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

山口「ユニットバスシンドロームがDVDになります」

とても久しぶりに書きますブログ。
というのも、ユニットバスシンドロームがついにDVDになるということで、そのお知らせです。
詳しくはHPにありますが、特典で短編が2本とキャストの山中崇さん、勝俣幸子さん、諌山幸治さんと平林Pと僕の5人で、音声解説も収録しています。撮影自体はかなり前なので、みんな思い出しながら話していました。こちらもお楽しみに。
発売は5/12です!!

DVD化にご協力してくれた方々に感謝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年4月 »