« 山口「タイムカプセル・シンドローム」 | トップページ | 平林「勝浦で撮影してます」 »

2005年8月23日 (火)

中村「リメンバーミー」

3,4年前に観た韓国映画で「リメンバーミー」という作品があります。

1979年。
ソウン(キム・ナヌル)は、ひょんな事から同じ大学に通っているイン(ユ・ジテ)
と無線機を通じて知り合い会う約束をする。
しかしいくら待っても出会えない二人。
実は、インは2000年に生きる若者だった。

時空を超えて交信する男女が、20年の時を隔てて心を通わす、とても切ない
ストーリーです。


山口監督の「タイムカプセル・シンドローム」を読んで思い出しました。

「リメンバー・ミー」。「私を覚えていてください」。
この言葉が、まさに「ユニットバスシンドローム」のテーマと一緒だなと
ふと思いました。結構前にみた映画だけど、すごく印象的で忘れられず
ずっと心の片隅にありました。

時と共に人の記憶は薄れていきます。これは人が生きていく上で仕方ないこと
です
が、すごく残酷なことでもあります。「リメンバーミー」では時を超えて二人は
出会えるけど、「ユニットバスシンドローム」のシノハラは出会えない。一方的に
相手を眺めるだけの立場。これはこれでとてもつらいだろうな。

でも家族や友達に会いに行くシノハラの気持ち、わかります。
自分の存在を否定されることが生きていく上で一番つらいことです。否定とまで
はいかなくても、忘れられる事も同じじゃないかな。

だからこそ、「ユニットバスシンドローム」は、この作品を観るすべての人が共感
出来る作品なのだと思います。私が初めて観たときもそうでした。

多くの人に観ていただける機会が再度できたこと、とてもうれしく思います。
「ユニットバスシンドローム」が、観た人の記憶にずっと残る作品になれば
スタッフ一同こんなにうれしいことはありません。

|

« 山口「タイムカプセル・シンドローム」 | トップページ | 平林「勝浦で撮影してます」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115212/5592697

この記事へのトラックバック一覧です: 中村「リメンバーミー」:

« 山口「タイムカプセル・シンドローム」 | トップページ | 平林「勝浦で撮影してます」 »